庭

庭の見栄えをよくする方法で剪定|職人技でササッと作業遂行

方法の違い

草刈り

学校や職場などで、一度は経験したことのある草むしりはとても大変な作業の一つといえます。特に真夏に行なう草むしりは熱中症や脱水症状の原因にもなるので作業を行なう場合は充分に注意する必要があるでしょう。そんな重労働を手早く終わらせたいから芝刈りを行なえば簡単だと多くの人が思いますが、実は芝刈りと草刈りは似ているようで根本的には異なる方法です。芝刈りは土の上に生えている葉っぱのみを切っていく方法で、草むしりは根っこから抜いて草を根元から除去する方法です。草むしりをすることで、次に生えてくる雑草などを極力減らすことができ、生えてくるスピードを遅くすることもできるでしょう。

草むしりをするときに、一番重労働なのが草を引っこ抜く行為です。簡単に抜ける物ならば対して体力も力も必要ありませんが、雑草の中には奥深くまで根っこが生えていて引き抜くことが難しい場合もあります。そういった可能性が高い場合は、雨が降った翌日など土が湿って柔らかくなっているタイミングを狙ってみるといいでしょう。土が柔らかくなっているので、奥深くまで根っこが生えている場合でも簡単に引き抜くことができます。なかなか、雨が降らない日の場合は作業を行なう前に散水をして人工的に水をまくといいでしょう。この時に気をつけるポイントは、水をまきすぎると足元がぬかるんで作業を思うように進めることができない場合もあるので、散水をする場合はまきすぎに注意して行なう必要があります。