女性

庭の見栄えをよくする方法で剪定を行なってみましょう

剪定の目的

剪定

庭の剪定というフレーズを聞いたことがあるでしょう。おおまかな方法は知っていても、剪定の種類や何故行なうのかといった理由を知っている人は少ないかもしれません。実は、剪定にも種類があり草木によって方法を変えているのです。まず、どういった形の木にしたいのか考えてみましょう。剪定を行なう理由の一つに木々の形を整える目的で行なう場合もあります。このとき、木を切りながらデザインを考えていては失敗する恐れがあるので、事前にインターネットや雑誌を参考に木の形を考えます。木のデザインは、全ての木々を同じ形にするパターンから、一つ一つのデザインを変えて行なうパターンがあります。なので、どういった庭にしたいのかを重要視しながら考えてみましょう。その次に、剪定を行なっていきます。初めから一気に切り落としていくとし失敗してしまいがちになるので、逆さ枝や枯れ枝、込み枝など見栄えが悪くなる物から切っていきましょう。枝を切る基準の一つとして、遠くから見た際に違和感を感じる部分を中心的に整えていくと失敗しにくくなります。余分な枝を切る場合は、中途半端な長さを残さずに根元から綺麗に切る事が大切になってきます。微妙な長さの枝を残してしまうと、その枝が直ぐに伸びてしまうので剪定をしても直ぐに形が崩れてしまうので注意しましょう。このように、剪定をする場合は、きちんと手順を踏んで理想の形を目指していくことが重要になってきます。

行なう理由

草刈り

あまり重要視されていない草刈りにも、大きな意味があるので軽視してはいけません。草刈りをすることで、土地を綺麗に保ちながら地域の犯罪を減らすことができるでしょう。

芝の種類と手入れの方法

芝

庭先などに埋める事で、綺麗な庭を造ることができる芝生ですが種類によって手入れの時期が異なるので、気を付ける必要があります。芝刈りを行なう場合も切り過ぎには注意しましょう。

方法の違い

草刈り

草むしりと草刈りは、草を除去する目的は同じですが根本的な方法は違ってくるので根元から除去したい場合は草むしりを行なったほうがいいでしょう。草むしりを簡単にしたい場合は、雨が降った後だと簡単に行なうことができます。